合宿での免許取得

合宿免許の大きな特徴は、免許の取得までにかかる日数が少ないことです。通学の場合には最短でも1カ月、通常3カ月前後かかることがほとんどですが、合宿の場合には2週間程度で取得することができます。基本的に通学でも合宿でも授業内容や時間は同じですが、合宿の場合には効率よく授業を詰めることができるため、少ない日数で修了することができます。

朝から晩までひたすら教習を行っているというイメージがあるかもしれませんが、実際には違います。確かに朝早くから夜遅くまで授業時間はあるのですが、その中から数コマを受けるので自由時間もたくさんあります。教習所によっては半休や休日が設定されていたり、最初からスケジュールに観光が含まれている場合もあり、1日中教習漬けではありません。

通学の場合、自分の都合に合わせて時間割を組む必要がありますが、合宿の場合はあらかじめ時間割がほとんどです。仮免や卒業試験に落ちてしまっても、期間を延長することは可能なので心配はいりません。運転に自信がない場合、料金を払えば追加講習も受けられるので、みっちり練習することもできます。卒業試験に合格した後に運転試験場で受ける試験内容は通学でも合宿でも同じです。公安委員会指定自動車教習所での卒業試験に合格していれば、実技試験は免除になります。