運転免許の取得方法

昔は男性は持っていて当たり前、女性で持っている人は少ないという風潮があった運転免許は、現在では男女問わず持っていない人の方が珍しいという状況にあります。総務省統計局によると、平成28年時点での日本の総人口は約1億2700万人で、そのうち20歳以上の人口は約1億500万人です。警察庁によると、20歳以上で運転免許を所有しているのは約8100万人なので、成人の8割近くが運転免許を所有していることになります。

ほとんどの人が免許を所有しているということは、車の運転ができるメリットが大きいということです。都心部では電車やバスなどの公共交通機関が発達していますが、その他の地域では自家用車がないと生活に不便があったり、車の運転ができないと就職しづらい職種もあります。他にも保育園や学習塾などの送迎に車が必要になったりと、ライフスタイルの変化から免許の必要性を実感することもあります。

免許の取得時には大きく分けて、通学と合宿の2つの方法があります。免許の取得が可能な年齢に達したことや就職に備えてという理由で学生の間に取得する場合もあれば、仕事で必要になったり子供が生まれたというタイミングで取得する場合もあるので、どちらが適しているかはケースバイケースです。合宿免許は学生向けと思っている人が多いですが、実はメリットが多いため社会人や主婦が選択することもあります。合宿での免許取得の流れやメリットについて説明します。